ヘタコカナイ。


by 08design
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

意外とあっさり。

2005年3月20日午前10時53分

私は、ある部会の飲み会を6次会(あほだね)までこなしてきて、その日の午前5時半くらいに帰ってきてました。ほぼそのまま爆睡コースだったのですが、途中何度か息子にイジられて、目をさましていたんですが・・・

上記時間、かみさんが急に騒ぎ出して、眠い目をこすりながら寝ぼけて、「どしたの?」と言った瞬間、なんだか体が揺れてる。私は、飲みすぎで頭にきているんだろうと思ったのだが、その揺れがだんだんとありえない揺れ方に発展する。

地震だな。

と、気づいた時には、更に揺れが増し始める。

うちのアパートは木造でかなり築年数の過ぎたオンボロのせいか、揺れ方が半端じゃない。こりゃヤバイわ、潰れるかも・・・と思い外に出ようと思ったのだが、あまりの揺れでかみさんと息子に抱きかぶさり、その場で動くことができない。というか、逆に動いていいものかどうかも判断できないですよ・・・あの状況じゃ。

1分程して、ジワジワと揺れがおさまっていったのですが、家中のものが散乱状態。またまた、こりゃヤベーわ、と思い、何故かネットで地震情報を検索するあほな落ち着きっぷり(笑)。かみさんは、余震が来るかもしれないと思ったのか、とりあえず外に出て非難する準備を始める。息子がいるので、意外と準備に時間がかかる。私は商売道具のノートパソコンを持ち、息子と外へ出る。なんでそんなに余裕なのっ!とかみさんにお叱りを受けるくらい冷静な私。ある意味、何も考えられなかったのかもしれない。

うちの近辺は特に被害はなかったけど、その後テレビをつけると・・・

すごかったのねぇ・・・

地元でも都心部の震度6弱に次ぐ震度5強の地震。初めてでしたよ。
もし、あれが震度6強くらいあったら・・・

アパートは潰れて、私たちは天国だったかも。


最近、ニュースなどで天災の話題が多かったですが、改めて体験すると、その恐怖は増すばかり。半ばパニック状態で、人間にはなすすべもない。こういう風に行動しろとか、こういう準備をしとけば良いとか、できないって。まじで。それほど、あの揺れは身をすくませるものでした。
[PR]
by 08design | 2005-03-22 15:46 | 雑記ばらん